保育士の仕事の特徴

保育士の仕事は幅広い

  • 保育士といえば保護者からお子さんを預かって一緒に遊んだり食事をしたり、子供たちと触れ合う時間が非常に多い職業です。保育園によって違いがありますが、0歳から6歳、小学校入学前までの子供たちを預かり保育する仕事です。

    一緒に遊ぶ中で子供たちに集団生活の中での暮らし方を学ばせるということも保育士の仕事ですし、遊びの中で考える力、感性、想像力などを引きだし伸ばしていくということも大切な業務です。

    結婚、出産を経ても資格を取得していることで復職可能な職業なので、結婚し出産、ある程度お子さんが大きくなってから保育士として復職され活躍されている方も大勢います。現代は特に都市部で保育士不足が叫ばれている状態ですし、待機児童問題などからこの先、保育施設の増加も各地域で検討されています。

    学びの場ではなくあくまでも保育をする施設ですが、保育園の中には小学校入学時、いきなりのお勉強に戸惑うことがないように、椅子に集中して座る時間を作ったり、普段は裸足でいても、年長さんになると上履きに慣れさせるなどの指導を行ってくれる所もあります。

    また保育の職場は近年、大きく広がりを見せており、企業内保育園や病院内保育園等で働く人も多くなっていますし、児童保護施設等で働く方もいます。保育士の仕事はこうした施設によって働き方も大きく異なります。

    これから保育士を目指す方はどのように働いていきたいのか、仕事の特徴をよく掴み自分の道を選択していくといいでしょう。